1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 心地よいランジェリーを選ぶために押さえたい3つのこと

心地よいランジェリーを選ぶために押さえたい3つのこと

Share

心地よいランジェリーに欠かせない条件のひとつは「上質」。ここでいう上質なランジェリーとは、必ずしも価格が高いわけではありません。品質が良く、程度が高いものを指します。セクシーや魅惑(セダクション)という言葉と共に、心地よいランジェリー選びに必要なことを考えます。

心地よいランジェリーを選ぶために押さえたい3つのこと

■セクシーなランジェリーが売れなくなっている?

最近、世界的にセクシーで華やかなランジェリーの売り上げが低迷しているというニュースを耳にしました。

たとえば、米国発のブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の大幅な店舗閉鎖やテレビでのランジェリーショーの中止などが相次いだという話は有名です。

日本でも同じような流れがあって、従来のワイヤー入りブラジャーなどの売り上げ低迷なども度々報道されます。そのニュースに対し、一般の女性からこんなコメントも寄せられていました。

・スポーツやアウトドア的なアスレジャー(アスリート+レジャー)ファッションなどの流行もあり、アウターがそんな感じなのにインナーがセクシーなのは不自然である。

・女性の社会進出によりセクシーな下着どころか、女性として見られることさえ不要に感じるときがある。

・普段使いの下着と勝負下着は違う。


私はこの記事やコメントに対して、とても違和感を感じました。

■セクシーの「本質」は品や知性にある

そもそも、セクシーなランジェリーの定義はなんでしょうか? 面積が少ないきわどいデザインや、華美な装飾が施されたランジェリーのことを指すのでしょうか?

私はセクシーなランジェリーには、品位や知性を感じることが重要だと思っています。

そのため、ナチュラル、シンプルでヘルシーなデザインのランジェリーにおいても、品や知性が感じられるものには同様にセクシーさを感じます。

人によってセクシーと感じるポイントは違うでしょう。でも、セクシーなランジェリーというカテゴリーが、単なる性的アピールをするものだと考えられ、世の女性からセクシーという言葉やランジェリーまでもが排除されつつあるとしたら、それは少し違うのではないかと思います。

一般的にセクシーという言葉は、やや性的なイメージを強く感じせてしまうのかもしれません。私自身が高級ランジェリーに求めるイメージは、セクシーよりもセダクション(魅惑)という言葉の方が、ニュアンスとして近いかもしれません。

ちなみに、セダクション(魅惑)はフランスの老舗有名ランジェリーブランドAubade(オーバドゥ)が、設立当時から掲げている言葉です。

■ランジェリーで大事なのは、上質さとセダクション(魅惑)があるかどうか

ランジェリーを選ぶときに、特に重要と考えるポイントがあります。まず、ランジェリーは肌に直接身につけるものなので、上質でなければならないということです。

上質なランジェリーとは、高額な商品のことではありません。品質がよく、程度の高いものであることを指します。値段ばかりが高くても上質でないものはこの世にはたくさん存在します。

シンプルでも、デザイン性が高くても、上質なものには品のよさを感じます。ヨーロッパランジェリーの上質なランジェリーに関していえば、ストラップのデザインから、後ろ姿、脱いだあとのことまで考えられてデザインされていたりと、細部へのこだわりが驚くほどあるものが多いです。

また、日本で流行のワイヤレスブラなども、上質なものは機能性だけでなく、そこにストーリーや美しさが備わっているものが多くあります。

私が人生で初めて魅了されたランジェリーはフランスのオーバドゥでした。初めてそれを纏ったとき、勝負下着とかいうそんな安っぽい表現は超越していて...…。

自分だけのもの。二度と手放したくない。胸が高鳴り、幸せに満ち溢れるような気分。その瞬間から高級ランジェリーの虜になっていました。

ランジェリーラバーは最初に私と同じような気持ちを感じた人も多いかもしれません。まだ体験したことのない人はぜひ感じてみてほしいと思います。なんともいえない高揚感です。上質で魅惑的なランジェリーは、まとうだけで品格を上げてくれる気がします。

■自分に最適なランジェリーを選ぶときの3つのポイント

ある下着メーカーのアンケート結果によると、女性の1日あたりのブラジャーの平均着用時間は約18時間だったそうです。このアンケート結果から考えても、ランジェリーが心身に与える影響が大きいことが推測できます。

たくさんあるランジェリーの中から、自分で最適なものを選べることが重要です。そのためにはとにかく、いろいろなブランドのランジェリーを実際に試着し、体感してみましょう。

私自身はヨーロッパランジェリーの輸入の仕事をしてきましたが、DRESSランジェリー部部長として、国内外のたくさんのランジェリーブランドと交流する機会をいただき、数多くの素晴らしいランジェリーに出会ってきました。

私が考える素晴らしいランジェリーのポイントは3つありました。



1.着け心地がよい、快適である
2.上質である
3.魅惑的である



この3つのポイントを意識してランジェリーを探すと、自分に最適なランジェリーを選ぶことができると思います。

それはどんなジャンルのランジェリーでもよく、ワイヤレスブラでも補正下着でも、ヨーロッパのランジェリーでも何でもよいのです。

自分のライフスタイルに合わせて、TPOに応じてそのときどきで最適なランジェリーを選ぶことが大切です。

■上質なランジェリーを自分の味方に

常々、私が考えることがあります。1日18時間近く、さらには毎日身につけるランジェリーを、上質かつ自分が魅了されるものだけにしたらどうなるでしょう?

ランジェリーにまったく関心がなく、ヨレヨレのものや、上質でないものをつけている人と意識が高い人では、人生までもが変わってくるのではないかと思います。毎日肌の上に身につけるものであれば、上質なランジェリーに変えないのはもったいないです。

ランジェリーに意識の高い女性は品がよい人が多いと感じます。品とは生まれながらに備わっている幸運な人もいますが、それ以上に普段のいつもの習慣が重要で、それが現れてくるともいわれます。上質なランジェリーを身につけるという習慣は、さらに品のよさを磨いてくれるのではないかと思います。

あなたのクローゼットの中にも、快適で上質、さらに魅惑的なランジェリーを取り揃えてみませんか? ランジェリーは必ずあなたの味方になってくれるはずです。

Share

石川 智恵

DRESSランジェリー部部長。ヨーロッパランジェリーの輸入の仕事に携わりながら、ランジェリーの持つ、魅力やパワーやトキメキを、もっとたくさんの女性に感じて欲しいと、ランジェリーセミナーやイベントの企画、運営、コラム執筆なども...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article