1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. LINEから見抜く、危ない男性の気質3つ

LINEから見抜く、危ない男性の気質3つ

Share

危ない男性には見えなかったのに、実はとても危険な人物だった……。そんな経験はありませんか。“つながり”を断つことが難しい時代だからこそ、気をつけたいのは“つながってはいけない人たち”とつながること。LINEのやりとりに現れる、サイコパスやモラハラ、ストーカー男性の傾向とは?

LINEから見抜く、危ない男性の気質3つ

■危ない男性が持つ3つの気質

”素敵な人“だと思っていた男性に潜む危ない傾向。

深い間柄になる前に、LINEのやりとりから見抜き、フェードアウトさせましょう。つながってはいけない危ない男性の気質として、以下の3つのタイプには特に気をつけてください。

ひとつめは「サイコパス男」

共感性が著しく低く、自己利益や欲求を満たすためなら、他人を傷つけても犠牲にしても厭わない性質を持っている人たち、サイコパス。

この特徴は競争やビジネスのシーンでは大きな強みになることが多く、だから社会的に成功している人の中にも数多くのサイコパスが潜んでいるといわれています。

けれど、パートナーとして付き合うにはリスクが高すぎるサイコパスな彼。彼らは一見自分を魅力的に見せることにも長けているため、モテるタイプの男性にも多く潜みます。

ふたつめは「モラルハラスメント男」

彼らの特徴は他人を支配下に置きたがるということ。

だから、支配下におけない存在には近寄らない性質があります。恋愛では、年下やおとなしいタイプの女性を好みます。先天的にモラハラ傾向の強い男性だけでなく、立場や環境によりモラハラ傾向が後天的に強くなる男性も少なくありません。

3つめは「ストーカー男」

自分の感情をコントロールすることが難しい彼らは恋に落ちると猪突猛進。

彼女以外の女性は目に入らないくらいの勢いで好きになります。その感情は時間経過とともに増大していき、「彼女を絶対手放さない!」と考えるようになり、冷静な判断ができなくなります。

ストーカー男の中にはモラハラ傾向やDV傾向を併せ持つタイプがいて、このタイプと関わると身体的に危害を加えられる恐れが出てくるため大変危ないといえます。

■危ない男の見分け方1~サイコパスはLINEで“釣った魚”と判断された後のやりとりに注意~

サイコパス男のLINEの特徴は、恋愛の始まりから時間が経過するにつれ、内容と送ってくる頻度があからさまに変わること。

他人の心を読む力に長けているサイコパス男は、どうしたら自分が魅力的に映り、彼女の心をつかめるかを天性の勘で察しています。

そして、彼女の心が自分に完全に向いたタイミングを把握する力も長けているため、”釣った魚“と認識した瞬間からLINEの内容が簡素になり、送る頻度も減っていきます。

また力関係に敏感なので、役に立たないと判断するや否や、ばっさりと連絡を絶つのも彼らの特徴でしょう。LINEの内容に”損得“のような表現や”意味がない“など、自分の利益を意識した文言を無意識に使います。

■危ない男の見分け方2~モラハラ男はLINEに俺様傾向の文言が現れてきたら要注意~

モラハラ男はとにかく「俺様傾向」が言葉の端々に現れます。

”俺がやってあげる“”俺の言う通りにしていれは間違いない“など自分主体の言い回しが多いだけでなく、”普通は“、”常識的に“など一般論にすり替えて持論を展開する言い回しも大好きです。

モラハラ男は絶対的俺様価値観があるので、他人に対して批判的、否定的です。例えば、彼女であるあなたが彼以外の意見を褒めるような内容を送ると、猛烈な勢いで批判や否定をすることも。

また、彼らはあなたに劣等感を感じさせるように仕向けます。学歴や育ち、社会的な立場など彼らが優位に立てる要素をちらちらとアピールすることで優位に立とうとします。

これらの特徴を感じさせる文言がLINEに現れてくるようであれば、危ないモラハラ男の可能性を疑ってみてもよいかもしれません。

■危ない男の見分け方3~ストーカー男は、相手の都合を考えずにLINEしてくるようになったら要注意~

執着心が強く、粘着質な気質を強く持っている人物はストーカーになりやすいです。だからこそ恋愛のスタート地点では、誰よりも彼女である恋人を大切にして優先する特徴があります。

彼の深い愛情を感じられる恋愛初期はとてもいい関係になりやすいのですが、どっぷりと恋愛が深まると彼と別れることが困難になるため、ストーカー気質があるかどうか見極めた後に、関係を深めるかどうかを判断しましょう。

ストーカー男はとにかく執着心が強く、LINEを高頻度で送ってくる傾向があります。

そしてさりげなく彼女のスケジュールをチェックしたがる、自分が納得しないと夜中までLINEのラリーを終わらせないなどの特徴が現れます。

少しでも不安になると、仕事中でも彼女の都合を考えずに、LINEや電話を入れてきます。自分の感情がコントロールできず、不安になると相手の都合を考えることができなくなるのです。

■気になる男性が危ない気質を持っているとわかったら

上手くいっているときや幸せなときには、そのなりを潜める危ない気質。

けれど、自分の思い通りにならなくなった途端、危ない気質や本性が現れてきます。一旦現れてしまったこれらの危ない気質は素人ではどうにもできないレベルの場合も。

専門家や警察などに相談したとしても24時間、365日守ってもらうことはできない現状、一番の方法は危ない気質の人たちとはかかわりを持たない、もっても浅い関係にとどめておくことが何よりの自衛になります。

もし、付き合っている男性とのLINEのやりとりに危ない傾向が現れたら、別れ話やブロックなどをすぐにしてはいけません。危ない気質を持つ彼らにとって、予告なしの拒絶はブレーキ解除の合図となる場合があります。

関係を断ちたいのであれば、根気よく彼らに”嫌われる”必要があります。あなたへの執着がなくなれば、あっさりと彼らから別れを切り出してくれます。

ただし、頭の良い彼らにあなたが“別れようとして嫌われようとしている“と気づかれると逆効果。慎重に取り組みましょう。

wikipedia「サイコパス」
weblio「モラハラ」
埼玉県警察「ストーカー」

2017年10月13日公開
2019年6月3日更新

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article